読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちゃんと年賀状

赤ちゃんと年賀状にまつわる話

【1等10万円】お年玉年賀はがきで1等を当てたい!2017年お年玉商品、当たる方法まとめ

年賀状の豆知識

年賀状は1枚で2度楽しむことができます。

1度目は、もらった年賀状を見る時。そして、2度目はお年玉付き年賀はがきの当選番号を確認するときです。新年初の運試し。番号を確認するときはワクワクしますよね。

 

そこで、今回は2017年のお年玉商品についてご紹介します。

 

f:id:babynenga:20161128173117j:plain

 2017年のお年玉商品

 

2017年のお年玉商品をご紹介します。

等級 商品 当選の割合
1等 現金10万円
または
セレクトギフト
100万本に1本
2等 ふるさと小包など 1万本に1本
3等 お年玉切手シート 50本に1本

 

1等 現金10万円またはセレクトギフト

f:id:babynenga:20161128173257j:plain

1等は現金10万円、または旅行や体験プランなど1万点以上の商品から選ぶことのできるセレクトギフト(10万円相当)を選ぶことができます。

 2014年に初めて登場した現金のプレゼントですが、14年と15年は現金1万円の商品でした。それが、2016年に10倍の10万円になったときは、衝撃が走ったことを覚えています。ただし、当選の割合が「10万本に1本」から「100万本に1本」と10分の1になりました。

これは、年賀状が年々減少傾向にあるのを危惧した日本郵便が、年賀状離れを防ぐために1等の底上げを図ったと言われています。

 

1等1万円よりも1等10万円のほうがインパクトがあり、夢がありますよね~。

2等 ふるさと小包

f:id:babynenga:20161128173509j:plain

ふるさと小包は以前からお年玉商品では定番となっています。でも、実際ふるさと小包とは何がもらえるのか、知らない方は多いのではないでしょうか。かくいう私も、(当たったことがないので)今回調べるまで知りませんでした。

 

ふるさと小包とは全国各地の産地から直接届くご当地グルメのことです。 

 

2等が当選すると、当選はがきと「2等商品カタログ」と引き換えることができ、その中から、1つ商品を選ぶことができます。

 

北海道から九州、沖縄まで、全国各地の美味しいものが集まっているので、どれにしようか選ぶ楽しみもありますね。

 

3等 お年玉切手シート

f:id:babynenga:20161130231814j:plain

 

お年玉年賀はがきの定番のお年玉切手シート。おそらく、だれでも1度は当選したことがあるのではないでしょうか。

 

 毎年、その年の干支が描かれた82円と50円切手が1枚のシートになっています。2017年は酉年なので、どんな酉のデザインになっているか楽しみですね。

 

お年玉切手シートは、比較的当選しやすいので、小さい頃は、お年玉切手シートを毎年集めるのが楽しみでした。全ての干支をコンプリートしたときはとても嬉しかったのを覚えています。

 

毎年1枚ずつ集めて、子どもが大きくなったらプレゼントしてあげるのも素敵ではないでしょうか。

 

1等を当てる方法を考えてみた

f:id:babynenga:20161201214619j:plain

私自身もいまだかつて、1等は当選したこともありません。でも、やっぱり1等当ててみたいですよね!

そこで、お年玉年賀はがきの1等が当たるには、どうしたら良いかを考えてみました。

 たくさん年賀状を送ろう!

当然かもしれませんが、受け取った年賀状が多いほど、確率的には当たる確率が高くなります。

 

年賀状を受け取った場合、もし相手に年賀状を送っていなかったら、送り返すのがマナーです。そのため、たくさん年賀状を送れば送るほど、受け取る年賀状の枚数は多くなるはずです。

 

赤ちゃんが生まれた年は、年賀状をたくさん送るチャンスです!赤ちゃんが生まれると、赤ちゃんを中心に新しい知り合いが増えてきます。

 

 今はネットで簡単に年賀状を作成することができます。写真入りの年賀状ならGLAMPRINT年賀家族2017がおすすめです♪


素敵な年賀状を作って、新しく仲良くなったママ友や、お世話になった産科の先生や助産師さんなど、赤ちゃんが生まれてから知り合った方々に年賀状を送ってみてはいかがでしょうか